初心者SEのとりあえずメモ日記

初心者SEが技術的な事とかを、とりあえずメモしておくための日記です。

Linuxでタイムスタンプを保持しておいて、元に戻す方法

   

Linuxでファイルを書き換えたり、新たに生成した際に、ファイルのタイムスタンプが変更されます。
このタイムスタンプを、書き換える前の値を保持して、変更後に元のタイムスタンプに戻す方法をメモしておきます。

スポンサーリンク

以下のコマンドをご利用ください。

 file="ファイル名"
 tmp=`stat -c%y $file`
 〜$file のタイムスタンプが書き換わるような処理〜
 touch -d "$tmp" $file

1行目で、ファイル名を変数に保持。
2行目で、ファイルのタイムスタンプを取得して変数に保持。
4行目で、ファイルのタイムスタンプを元に戻す。

という感じです。


 - Linux
 -

  シェアしていただけるとうれしいです

  関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です