Linuxでユーザを削除する方法

Linuxでユーザを追加した際に、誤ってユーザー名をタイプミスしてしまったときなど、作成したユーザを削除したい、というケースはあるかと思います。

そんなときのための手順です。

Linuxでユーザーを削除するコマンド

ユーザを削除するコマンドは「userdel」。
パラメータで、削除したいユーザ名を指定します。

userdel -r $削除したいユーザー名

このとき、「-r」をオプションで必ず付けるようにしてください。

もし間違えて、-rを付けずに実行した場合、以下のメッセージ表示されます。

Creating mailbox file: ファイルが存在します
useradd: warning: the home directory already exists.
Not copying any file from skel directory into it.

このとき、ユーザは削除されています。
ですが、削除したユーザーのホームディレクトリやファイルが残ってしまいます。

もしそうなった場合はやりなおしができないので、以下のコマンドを実行して、ファイルとフォルダを削除してください。

rm -f /var/spool/mail/$削除したいユーザー名
rm -rf /home/$削除したいユーザー名

Linuxでユーザの作成をする方法

ちなみにユーザ作成の手順はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました