初心者SEが技術的な事とかを、とりあえずメモしておくための日記です。

初心者SEのとりあえずメモ日記

Linux

vsftpd rootユーザでのログインを拒否する

投稿日:2013年7月14日 更新日:

vsftpdでFTPサーバが動作している環境に対して、rootユーザでFTPログインをしたいときのメモ。

1.セキュリティ

セキュリティ面を考慮して、vsftpdではデフォルトでrootユーザは拒否されるようになっています。
特別な事情がない限りは、rootユーザはFTP接続できないように設定しておく方が良いでしょう。

今回は運用の都合上、rootでログイン可能にさせる必要が発生したので、止む無く拒否されないように設定を変更します。

 

 

2.設定変更手順

どうしてもrootユーザでログインしたい事情がある場合は、拒否リストの対象からrootユーザを外しましょう。

以下のファイルを開き、「root」をコメントアウトしてください。
・/etc/vsftpd/user_list

その後、vsftpdを再起動してください。

これで、rootユーザが拒否されることはなくなります。

ただし、自らセキュリティホールを作っているようなものなので、運用するには十分気を付けましょう。

(ちなみに私のケースの場合、FTPサーバに接続できるPCが限定されている&外部に接続できないので、問題ないとの判断に至りました)

 

-Linux
-,

Copyright© 初心者SEのとりあえずメモ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.