自分が接続しているDBのサーバ名を取得するSQL

SQLを実行してデータを書き換えるときに、間違えて違うDBに実行してしまったら、大変なことになっちゃいます。

最近はクラウドを扱うケースの方が多いと思うので、昔みたいにサーバの実機に行ってSQL実行するわけじゃないので、開発環境のつもりが間違って本番環境に実行しちゃった、なんてことあったら目も当てられないです。

そこで、SQL実行前には必ず自分が接続しているDBが想定通りの環境であるか、oracleの場合は下記のSQLを実行して確認するようにしましょう。

SELECT host_name, instance_name FROM v$instance;

コメント