CSVで数字「01」をこのまま表示する方法

「01」「001」をExcelで開くと「1」になる

CSVファイルをエクセルで表示した際に「01」や「001」などの数字の値のセルは、エクセルが勝手に数値と判断して「1」という表示になってしまいます。

あるいは、日付や時刻などになってしまうケースもあるかと思います。

これをわざわざ文字列に変更して、再び「0」を入力するのは結構面倒です。

そこで簡単に「01」「001」表記を実現する方法をメモしておきます。

csvで「01」「001」を表示する手順

  1. csvファイルの拡張子を「.txt」に変更する
  2. Excelを開く
  3.  [ファイル]-[開く] から [ファイルの種類] を「テキスト ファイル (*.prn; *.txt; *.csv)」に変更して、拡張子を変更したcsvファイルを開く
  4. 「テキスト ファイル ウィザード」という画面が表示されるので、「カンマやタブなどの区切り…」にチェックをする
    csv01
  5. 「区切り文字」の「カンマ」にチェックをする
    csv02
  6. 「01」で表示したい列をプレビューから選択し、「列のデータ形式」の「文字列」にチェックをする
    csv03
  7. 完了ボタンを押すと、「01」表記されたエクセルが開かれる

コメント