evernoteでサーバと同期しないローカルノートブックを作る方法


仕事でのメモや、議事録などの整理にevernoteを活用しています。
普通のテキストやワードなどで残しておくより、管理や検索がしやすく重宝しています。

サーバーと同期をすれば、端末間の共有や、メンバーとの共有も手軽にすることができて便利です。

ただし、内容によっては共有はしたくないものがあるかと思います。
また、セキュリティなどの都合で、サーバーには同期せずに、ローカルだけで管理したいものもあります。

そういったときは、ローカルノートブックを作って活用することができます。

「ローカルノートブック」とは、Evernote のサービスに同期されておらず、それが作成されたコンピュータ上にのみ存在するノートブックのことです。なお、デフォルト設定では、Evernote で作成された新しいノートブックは、すべての端末において同期されます。

ローカルノートブックを作成する方法:

Evernote for Mac: キーボードの「Option」キーを押しながら「ファイル」>「新規ローカルノートブック」の順にクリックします。
Evernote for Windows: 「ファイル」>「新規ローカルノートブック」を順にクリックします。

ローカルノートブックを変換する
注: 最新バージョンの Evernote アプリ (バージョン 10.0 以上) 以降、Evernote ではローカルノートブックをサポートしません。 概要 「ローカルノートブック」とは、Evernote のサーバーに同期されないノートブックで、作成されたコンピュータ上にのみ存在します。通常 Evernote で作成さ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました