lhaplusをコマンドラインで実行してファイルを圧縮する方法

windowsではLinuxでのtarコマンドが標準でないため、CUIでファイルの圧縮や解凍をすることができません。
そこで、フリーウェアソフトのLhaplusを使いファイルの圧縮と解凍をします。

Lhaplusのインストール方法

準備は、Lhaplusをインストールしておくだけです。

  1. Lhaplusをhttp://www.forest.impress.co.jp/library/software/lhaplus/からダウンロードする
  2. ダウンロードしたexeファイルを実行する
  3. あとはそのままコンソールの表示を選択して、Lhaplusをインストールするだけ

Lhaplusをコマンドで実行する

コマンドプロンプトから以下のコマンドを入力するか、バッチファイルを作成して実行してください。

※Lhaplus.exe のパスに遷移しておくか、Lhaplus.exeの配置してあるパスを、環境変数に追加しておく必要があります。

Lhaplusでファイル圧縮するコマンド

Lhaplus.exe /o:圧縮ファイルの配置パス /c:拡張子 圧縮したいファイル.txt

/c: のパラメータで圧縮をすることができます。
拡張子の部分は圧縮後のファイルの拡張子を指定してください。
zipの場合は「/c:zip」と指定してください。

Lhaplusでパスワード付きzip圧縮するコマンド

Lhaplus.exe /o:圧縮ファイルの配置パス /c:zip /p:パスワード 圧縮したいファイル.txt

/p: のパラメータでパスワードを指定することができます。

Lhaplusで圧縮ファイルを解凍するコマンド

Lhaplus.exe /o:解凍先フォルダ 解凍したいファイル.zip

/o: のパラメータでファイルの解凍をすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました