ルーティングテーブルの確認をする方法

PCやサーバ間で通信が通らないときに、ルーティングテーブルの確認を行いましょう。
ルーティングテーブルの設定が不足している影響で、通信が通らないなんてことはよくあります。
確認した結果がおかしい場合は、適宜設定変更を行って、通信が通るようにしましょう。

windowsの場合

route print

表示された情報の内容確認はこちらを参照ください。

ルーティングの基本動作を見てみよう
ルータで接続された2つのサブネット間で行なわれる通信について解説し、ルーティングの基本動作を押さえていく。

Linuxの場合

route

windowsと出力される情報が若干異なります。
表示された情報の内容確認はこちらを参照ください。

【 route 】コマンド――ルーティングテーブルを管理する
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は、ルーティングテーブルを管理する「route」コマンドです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました