Linux

Linux

ディスク圧迫の原因を突き止める

Linuxでディスクの空き容量が枯渇したときの対処方法。 原因がすぐにわかっていれば良いのですが、ローテートされていないファイルが分からなかったりするなど、どのファイルやフォルダが原因でディスクを食いつぶしているか分からないときがあると思...
Linux

logrotateを毎時実行する方法

通常のlogrotateは日時の実行になるため、1時間毎の実行を設定することはできません。 そのため、毎時実行するためには、cronで起動させるような設定が必要になります。 設定方法はこちらが参考になります。
Linux

curlでヘッダ情報を複数盛り込む方法

curlコマンドでベーシック認証を通したいときなど、リクエストヘッダを指定したいときがあると思います。 そんなときは「-H」を指定すればOKなのですが、このリクエストヘッダに他にも値を指定したいときがあります。 つまり、curlコマンドで...
Linux

ポート番号から、稼働中のアプリケーションのPIDを調べる方法

アプリケーションを起動しようとしたときに、すでにそのポート番号が使われてて起動できない、なんてことありますよね? そんなときは、原因の切り分けのために、問題解消のためにも、ポート番号から稼働中のPIDを調べましょう。 で、判明したPI...
Linux

tarコマンドとgzipコマンドの使い分け

Linuxでの圧縮・解凍をするときに使うコマンドのtarとgzip。 2種類あって、どちらも実行方法を忘れがちになってしまうので、使い分けをメモしておきます。 tarコマンドとgzipコマンドの使い分け いつもどっちがどっちがわからなくな...
Linux

忘れがちになるcronの設定メモ

crontabの定時実行の指定の書き方、つい忘れがちになってしまいます。 実行したいタイミングに合わせた書き方をメモしておきます。
Linux

monitを使って勝手に落ちたプログラムを自動で再起動させる方法

Linuxサーバを運用する際に、重要になってくるのがプロセスの監視。 絶対落ちたらダメなプロセスを監視して、何かあった際にスムーズに復旧できるようにしておくことは非常に重要になってきます。 AWSの場合、cloudwatchで監視をす...
Linux

Linuxでタイムスタンプを保持しておいて、元に戻す方法

Linuxでファイルを書き換えたり、新たに生成した際に、ファイルのタイムスタンプが変更されます。 このタイムスタンプを、書き換える前の値を保持して、変更後に元のタイムスタンプに戻す方法をメモしておきます。
Linux

WARNING: Clamd was NOT notified: Can’t connect to clamd through

パターンファイル更新のエラー WARNING: Clamd was NOT notified: Can't connect to clamd through /var/run/clamav/clamd.sock clamAVのパターンフ...
Linux

The virus database is older than 7 days

clamd起動警告 Linuxのセキュリティソフト、clamdをサーバにインストール後に起動すると、以下の警告が発生しました。 LibClamAV Warning: *** The virus database is older t...
タイトルとURLをコピーしました