初心者SEが技術的な事とかを、とりあえずメモしておくための日記です。

初心者SEのとりあえずメモ日記

eclipse

「チーム同期化」をした際に、classファイルを表示しない方法

投稿日:2013年9月14日 更新日:

1.余計なファイルは表示したくない

eclipseで「チーム同期化」をした際に、classファイルを表示しない方法をメモします。

ローカルで修正したファイルをsvnやgitでコミットしようとした場合、コンパイルしたclassファイル等、余計なファイルまで含まれてしまうことがあります。

特に、Tomcatのworkフォルダがプロジェクト内にある場合は、このようなことが起きるのではないかと思います。

 

2.対応方法

「チーム同期化」をした際に、特定のファイルを無視したい場合の手順

  1. [ウィンドウ]⇒[設定]を選択し、設定画面を開く
  2. [チーム]⇒[無視するリソース]と選択
  3. 「パターンの追加」から無視したいファイルのパターンを入力(classファイルを表示したくない場合は、「*.class」とパターンを設定します。)
  4. 追加されたことを確認して、[OK]ボタンを選択する

class-file-hidden
これで「チーム同期化」をした際に、余計なファイルが含まれることはなくなります。

 

-eclipse

Copyright© 初心者SEのとりあえずメモ日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.